南高梅【4L】

    u-1001003

    4,000円(税込)

    SIZE

    梅農家が自家農園で手間ひまかけて育てた南高梅を、手でひと粒ずつ選別しました

    日本の梅の代表品種です。果肉が厚く、梅干しなどに最も適しております。日の当たる部分は美しく赤く着色しており、とても良い香りがします。

    青梅は、自家農園で農家の店主が土づくりから管理、収穫、選別、梱包、発送まで携わり、わが子のように手間ひまかけて送り出す珠玉の南高梅です。

    なかでも、厳選南高青梅は特大粒だけを厳選したものです(※今年は不作の可能性が高いため、数が少なくなる事を危惧し、2Lサイズもご用意しました)。味にこだわる方、いつもと同じ味を作りたい方におすすめです。

    6月初旬〜にかけて、実の収穫を始めます。南高梅はとても実が大きく、梅酒・梅ジュース(梅シロップ)に最適です。

    自家農園での西吉野南高梅の収穫

    5月中頃には梅の実もかなり肥大してきます。梅の枝も垂れ下がってくるので、支柱をしたり草刈りをしたり収穫の準備をします。

    いよいよ6月になると、梅酒、梅ジュース用の青梅の収穫が始まります。収穫した青梅は季節柄、常温で置いておくとすぐに熟れてしまうので、採り過ぎは禁物。毎日、毎朝、畑を見に行き、ちょうどよい頃合の青梅を収穫します。

    収穫した青梅を大きさ、キズなどをチェックして選別します(選別は店主嫁もフル稼働します!)。とにかく人手が必要なので、全て農園のスタッフが手で選別します。選別したものを選果機にかけて、2L、3L、4Lといったサイズごとに分けていきます。

    生産者の声

    消費者の皆様に新鮮で安全な梅をお届けするために、私たちは大きくて熟してきた実から順番に1つずつ手もぎしていきます。一度に収穫してしまわずに、取れ頃の実になるまで同じ梅の木を何回もまわります。西吉野の梅を是非食べてみてください。

    青梅が届いたらすぐに使ってください。2日後には熟れてきます。

    青梅で漬けたい方は、青梅が届いたらすぐに使ってください。常温で置いておくと2日後には熟れてきます。熟れてしまっても漬けることはできますが、青梅と同じ味には仕上がりません。すぐに漬けることが出来ない状況にある場合は、冷蔵庫で保管してください。熟れるスピードが若干遅くなります。 常温で青梅を保存する場合は、1週間以内に使い切るようにしてください。1週間以内に使い切れない場合は冷凍保存してください。

    イメージはありません。